ケアテープの活用

外反母趾治療に効果的な物として足裏のバランスを取るためのケアテープで治療をすると言う方法があります。

スポンサードリンク

これで足裏のバランスを取る事によって親指の変形した部分が3分の1は元に戻る様になり、足の機能としても元に戻る様になります。

また、足の変形による痛みも軽減させる事が出来る為に外反母趾には最も効果的な治療法なのではないかと思います。

たった3分の1しか変形が元に戻らないのに効果があるの?
と不満に思う方もいるでしょうが3分の1元に戻すだけで親指の出っ張ってしまった部分をある程度解消させる事が出来ます。
さらに、足裏のバランスも良くなる為に足本来の機能を取り戻す事が出来るようになります。
ですからたかが3分の1でも侮ってはいけないのです。

外反母趾になってしまうと親指が親指としての機能を果たせなくなってしまいます。
そうなるとその負担は他の指や足全体にかける事になってしまい、最悪の場合、身体全体に影響を来してしまう恐れがあるのです。

しかしケアテープや、サポーター、テーピングと言った方法で治療し、足の変形を少しでも改善させる事で足の機能が回復し、痛さとかで出来なかった普通の歩き方や親指に力を入れて蹴り上げる事も可能となります。
結果的には身体のバランスも良くなるようになるのです。

足に踏張りが効くようになると、バランスも良くなるために身体に良い影響を与える様になってきます。

そのためにも是非ケアテープを使用して外反母趾を改善させて行くようにしましょう。

このバランスが取れるケアテープを使用する事で痛みを軽減させる事が出来たり、足の親指の変形を改善させたりする事が出来ます。
とは言っても改善率は3分の1程度なので完治と言うわけでは有りません。
しかし、ある程度使い続ける事で効果を得る事が出来ます。

今、外反母趾になってしまって痛みに悩んでいる人や手術しかないなんて言われてどうしようかと迷っている人は一度試されてみてはいかがでしょうか。

このケアテープを足裏に貼ることにより、外反母趾による痛みが軽減されていると言う事はある程度の立証がされているようです。
このケアテープのメリットとしては手術みたいに大きな覚悟もいらなければ、傷を付ける必要もないし、薬を飲むわけでは無いので副作用なんかを気にする必要が無いと言う事です。
そういった事を考えるとケアテープはとても安心な物だと言えると思います。

ではどの位このテープを続けなければならないかと言うと、大体1ヶ月は続けてみるようにしてみて下さい。もちろん効果には個人差がありますので、効果がある人、無い人、早く出る人、遅く出る人がいると思いますが、ずっと外反母趾の痛みと戦っている期間を考えたら決して長くはない期間だと思います。

このケアテープに信憑性が感じられないとしても一度試してみてはいかがでしょうか。
それでダメなら手術なり投薬なり別な方法を考えていきましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

靴を選びましょう
外反母趾になってしまうと靴を履くこと自体嫌になってしまいますよね。 でも履かなけ......
足底板
外反母趾になってしまった人は偏平足や開張足になってしまう人が多いです。 これは足......
靴の選び方
外反母趾になる一番の原因となるのは足が弱ってしまう事が原因みたいなのですが、その......

▲このページのトップへ