痛みが出る原因

足の裏が痛くなる症状としては外反母趾、指上げ足、扁平足など色々あります。
足の裏が歪んでしまう原因としては以下のような原因があると言われています。

スポンサードリンク

【退化】
足底反射と言う本能が人間には備わっていて、足裏をちょっと刺激すると指が内側に曲がる様な反射の事を指しています。
本来は成長と共に足の指に刺激が加わっても踏張るようになるのですが、私達の生活は生まれた頃から靴下や靴などで保護されてきています。
その為に足裏が退化してしまい、刺激が加わっても踏張れなくなってしまっているのです。

【歩き方】
私達の足は退化して弱っている為に、靴を履いても脱げないように無意識の内に足指を上げて靴に引っかけると言う悪い癖が付いてしまっています。
特に女性が履くヒールやパンプスなどは脱げやすい為に余計に足指に力が入り、靴の中であがってしまう事になります。
こういう歩き方を続けていると足の横のアーチが緩んでしまう為に余計に親指に力が入らなくなります。

【爪先部分が細い靴】
爪先部分が細い靴を履くようになると、私達の足は弱っている為に靴の形に足が合わせるようになってしまいます。
そうなると足の親指の付け根が変形してくるようになり外反母趾になっていく訳です。

このような理由から外反母趾は女性だけの物では無く、男性でも子供でも成り得る可能性がある症状である事が分かります。

まずは私達の足を強くしなければならないと言うことなのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

原因のひとつは
外反母趾の原因に足先が細い靴を履くと言う事が挙げられます。 外反母趾を予防する為......
ストッキングの落とし穴
ストッキングって皆さんどの位の頻度で履くのでしょうか? OLさんとかになるとかな......

▲このページのトップへ