足底板

外反母趾になってしまった人は偏平足や開張足になってしまう人が多いです。
これは足の裏にあるアーチが崩れてしまう事が原因なのです。

スポンサードリンク

偏平足などになってしまった結果外反母趾が悪化してしまうと言う悪循環に陥る場合があります。

この悪循環に陥らない様に治療をする必要があると思います。
外反母趾が悪化してしまうと歩く事自体が困難になってきますので是非治療をする様にしなければならないと思います。

その為には足の下に敷く装具があって、これを「足底板」と言う様に呼んでいます。
それを装着する事により重心を変えたり、足の裏を部分的に盛り上げたりして圧迫したり緩めたりしてくれます。

これを装着する時のポイントとしては、靴の大きさと深さに注意しなくてはならないと言う事です。
インソールを入れる時と同じように、「足底板」を靴の中に入れるときつくなってしまう可能性がある為に、それを考慮した靴を買う必要があると言う事です。

ただ靴の中に入れるだけだから治療方法としてはとても簡単な様に思えると思いますが、これは自分の体重を利用した物です。
ですから体重分矯正する力も強くなると言う事になるのです。
ですからその分注意を払っていかなければならなりません。

しかし、こう言う治療をする事によって外反母趾が改善してくるでしょう。
歩きやすくなってくるので、是非最初はきついと思いますが我慢して治療していく様にした方が治るまでの近道になると思います。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

靴を選びましょう
外反母趾になってしまうと靴を履くこと自体嫌になってしまいますよね。 でも履かなけ......
ケアテープの活用
外反母趾治療に効果的な物として足裏のバランスを取るためのケアテープで治療をすると......
靴の選び方
外反母趾になる一番の原因となるのは足が弱ってしまう事が原因みたいなのですが、その......

▲このページのトップへ