靴を選びましょう

外反母趾になってしまうと靴を履くこと自体嫌になってしまいますよね。
でも履かなければ何処にも出掛けられないし困ってしまうと思います。

スポンサードリンク

でもその靴を使って外反母趾を治療する方法があるのです。
それが靴による保存療法です。

外反母趾を予防する靴があり、それを履くようにすると痛みを緩和させる事が出来ると言うのです。

外反母趾は足の親指が曲がってしまいますから単純に親指に靴が充たらないような爪先部分が広い靴を買えば良いのじゃないかと考えてしまうと思います。
しかし、それは間違いで却って外反母趾を悪化させてしまう可能性があると言うのです。
確かに痛みは一時的に減るとは思いますが足が痛くないと足が油断をしてしまう為に足が広がってしまい、変形を進めさせたりしてしまうのです。

外反母趾を治療する靴を買う時にはいくつかポイントがありますので参考にしてみて下さい。

最初のポイントは外反母趾を予防する基本的な条件に合っているような靴を選ぶ事です。

次のポイントは足の親指の付け根部分、つまり親指の出っ張り部分にある痛い部分に靴が充たっていない靴を選ぶ事です。

足の中足骨が広がりすぎないように靴が足の脇をしっかりサポートしている靴を選ぶとよいでしょう。
そうする事で外反母趾が悪化しない様に予防してくれます。

まず靴の専門店などに行き、自分の足に合う靴を計測してもらいます。
最近では百貨店などでもきちんと計測してくれる所がある為に、トライしやすいのではないかと思います。

この時外反母趾の人でも足指が正常の形であると仮定して計測してもらいましょう。
その時のポイントとしては、足の親指の付け根部分がきっちりと覆われていて、縫い目や靴の縁が当たらないような靴を選ぶようにしましょう。

外反母趾の人が靴を買おうとすると、痛くない靴を買おうと思いますのでどうしても足先が広い靴を選んでしまう様になります。
それは避けたいから本来の足の形に合った靴を選ぶとなると出っ張ってしまった親指の付け根が当たってしまって痛くなると言う悪循環になります。
その当たる場所を伸ばすと言う方法を取るのがベストになります。

その方法として一つ目に挙げられるのは、買った所でその場所を特別な機械を使って押し広げてもらう方法があります。
次の方法としてはシュートストレッチャーを使う方法で、当たる場所に出っ張りを付けて押し広げます。
最後に革を軟化させるスプレーを使う事です。
これにより足の温度で靴が足の形に合う様に変形していきます。
こうやって外反母趾を治す為の靴を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

足底板
外反母趾になってしまった人は偏平足や開張足になってしまう人が多いです。 これは足......
ケアテープの活用
外反母趾治療に効果的な物として足裏のバランスを取るためのケアテープで治療をすると......
靴の選び方
外反母趾になる一番の原因となるのは足が弱ってしまう事が原因みたいなのですが、その......

▲このページのトップへ