靭帯性外反母趾

靭帯性外反母趾と言う外反母趾があります。
この外反母趾は、足の横部分にあるアーチを形作っている横中足靭帯という靭帯が伸びたり縮んだりしてしまった事が原因となって親指が小指側に曲がって来てしまうと言う状態の事を指しています。

スポンサードリンク

こう言った外反母趾になる原因としては、私達の生活ベースが原因ではないかと言われています。
生まれた時から足を守る為に靴下を履かせるようにしたり、痛い所を歩かせない様にしたりして、小さいうちは絨毯の上など柔らかい所、外でもデコボコしていない平らな所など安全な所だけを歩かせてしまっている為に、足の力が無くなってしまって来ているのです。
その結果足裏全体が衰えてしまった事が原因ではないかと言われています。

またこの外反母趾を強調させるのがヒールやパンプスなどだとも言われています。
これらの靴を履くと無意識に靴が脱げないように指をストッパーにして形を変えていく為に外反して行くという事みたいです。
ですから靴も外反母趾になる二次的要因となるのです。

この外反母趾を放っておくと、歩く時に正しく歩けない為にどうしても身体にストレスがかかる様になります。
そうなると身体的にバランスが崩れてくる為に様々な症状が生じてくるようになります。

どう言った症状が出てくるかと言うと、足の指や関節の痛み、むくみ、疲労骨折、足の長さが変わってしまう、頭痛、肩凝りとちょっと挙げただけでもすごい症状の数です。
ですから外反母趾になってしまったら治す事をまず考えていかなければなりません。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

女性に多いのはなぜ?
外反母趾はイメージとして女性に多いと言われています。 何故女性に多いのでしょうか......
病変性外反母趾について
病変性外反母趾と言うのは、外反母趾が発生している原因がリウマチや変形性関節症であ......

▲このページのトップへ